「そういえば、こんなことがあってさ。」

ビジネスマン向井の心・体・考パフォーマンス向上論と雑記。

選挙投票は義務化しよう!

賑やかな街がいつもの風景に戻りました。

選挙、終わりましたね。なんだか街が少し涼しくなった気分です。

 

候補者の皆様暑い中、街頭演説、握手、そのほかPR活動お疲れ様でした。

結果は自民党大勝。さて、今後の日本の舵取りはどうなるのか。

 

今回も選挙中いろんな話題がありました。民進党ができた、小池百合子氏、改憲、都知事選誇大報道による選挙隠し…いろいろありましたが、個人的注目は投票率ですね。

 

今回は18歳以上を参政者対象に。参政者を増やしてより民主的に…って考えたのかもしれません。が、結果は以下の通り。

 

全体投票率:54%

約半分は興味ない、ようです。

 

18歳投票率:51%

19歳投票率:39%

こちらも興味ない、と。

 

…ホークスの勝率の方が高い。投票行く確率よりホークスが試合に勝つ確率が勝るという。。。この数字では、そもそも選挙って国民の声反映してるのかなとも思ってしまいかねないですね。正直やばい。

 

改憲改憲!」言ってますがまずは、投票率を上げる策を考えた方がよろしいかと思います。投票の義務化をおすすめします。

勤労、納税、教育を受ける、そして「選挙投票」。興味ないことに興味をもたせることほど難しいことはないです。義務化して日本の未来を義務的に考えさせる機会を設けた方が、より民主的で充実した国政になるのではないかなあ。

 

国民の約半分が興味ないと思うこのイベントは、国の方向性を定める大切なイベントなのですよ。

 

 

 

今日も訪問ありがとうございました。

ではでは、ごきげんよう。