読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「そういえば、こんなことがあってさ。」

ビジネスマン向井の心・体・考パフォーマンス向上論と雑記。

ビジネスマンの作法。怒りはコントロールできるのです。

夏場山手線のムシムシ感は「夏が来た!」という高揚する気持ちと引き換えに

体力を奪う。

昼間の新橋駅。サラリーマンの僕はいつも通り山手線に乗っていた。

昼間でもオフィス街の駅は人でごった返すのです。みなさん今日もお勤めごくろうさまです。

 

スペースを見つけ、上手に身をかわし、満員電車でのポジショニングに成功。一息ついたその時、人と人が強くぶつかった。

どちらも勤勉なサラリーマンのようだ。

 

ぶつかったとき、二人ともものすごい形相に。お互い相手を睨みつけようとしかめっ面になった。プライドとプライドのぶつかり合い。

「ケンカになるかなー」とぼーっと見ていると、なんと2人とも知り合いだったようで

しかめっ面から笑顔に変わった。「おお!どうしたん!?」という具合に。

この場面を見て思ったのです。「怒りの感情って出し引きできるじゃないかな??」

 

今回の事例は以下のように整理できます。

 

「相手を怒ってやろう」という意識が

「怒りの感情」を呼び起こし、

「怒り」モードになった。

しかし相手が知り合いであったので、

「仲良く会話しよう」との意識が

「友愛感情」を呼び起こし、笑顔に変わった。

 

感情より意識の方が、先に動いている。そんな気がしたのです。

いろんな感情があるけれど、実は目的が先にあって、それに見合った感情を

無意識的に呼び起こしているのではないかな。

 

ということは、「怒らなくても良し」という意識をもっていると

イライラの感情は呼び起こさないようにできるのでしょう。

 

イライラは体力を消費します。怒りをコントロールして

できるだけ笑顔の時間を増やして、暑い夏をクールに乗り越えましょう。

 

 

今日も訪問ありがとうございます。

ではでは、ごきげんよう。